2014年4月16日水曜日

教える側も難しい…4月16日(水)

パターン(B)のきんちゃく
昨日は、きんちゃく(B)のパターンを何とか引き、パターン3つ目とあって、それは手早くできるようになりました。午前中のうちにできたので、午後からサンプル縫いも取り組めました。早い、早い!

しかし、ここからの縫いが少々気を使います。縫う箇所が増えるのと、なかなか効率的な縫い順が見つけられず、効率よくしようと無理したり、工程を雑にしてしまうと、ほつれたり仕上がりに響いてしまう生地を使います。

オーガンジーは透けて縫い代も見え、縫い代もきちんと止めないとほつれます。クメール柄の生地も合繊の機械織り刺繍のある生地ですが、刺繍糸がほつれ、触っているうちにぼろぼろになります。

さっさと順序よく、決まった作り方でできるように…!と、教える側が意識しすぎたのか?自分が最初に縫って作った作品にもかかわらず、いざ縫い方を教えようとしたら??!縫い方を忘れている~~。

自分でイメージをだし、パターンを作ってサンプル縫いする際は、ぱ~っと閃いてさっと縫うのですが、教えることを意識し、一つ一つパターンから説明しながら日数を隔てると、もはや記憶には残っていない。情けない先生で申し訳ない。シーチングで縫いながら進めていると、大間違いをしていることに気づき、ほどいてやり直しをさせてしまいました。

こういうこともある、こういう場合はどう対処する、という反面教師になっていたらいいのですが。苦心したあげく、なんとか仕上げることができ、今日の朝には完成!していました。

それでもまずまずの出来で、立派なもんです。サイズをそろえるのはまだ難しい子もいますが、5mm内の誤差なので、許容範囲ということにして、ひとまず終了。


パターン(D)
では、早速次に参りましょう!スピードアップもしてきたところで、簡単で見栄えの良いきんちゃくを考え、パターン(D)を作成。これは2枚のパターンだけでできます。午前中にパターンを終え、午後にはシーチング縫い、早い子は本番の生地でも裁断、サンプルに取り掛かっていました。

明日は大掃除と自習の日ですから、あすの朝までに仕上げよう!と頑張っています。