2014年4月18日金曜日

ミシン破損する・・・お持ち帰りの一時帰国

ミシンは、日本に持ち帰ることになり、荷造りをしました。今日から2週間帰国している間に治るといいのですが…。
寄付をしてくださった方、これを持参して下さったみなさん、このプログラムを支援して下さっている皆様に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。何とか直して、東南アジアで活かしたいと思います。もうしばらくお待ち下さい。。

昨日の報告会では、4人とも、純粋な気持ちで事態を重く受け止め、深い反省の念を涙ながらに報告をしていました。あの人が悪い、この人のせい、ということではなく、全体の責任として考えられること、そして、こうして気持ちをはっきり伝え、「ごめんなさい」という言葉を明確に伝えることの大切さを味わってもらいました。それは、学生だけではなく、スタッフ全員に関わることです。

金額が高いものだから、目に見えて壊れてしまったから、ということだから分かりやすく勉強をさせてもらえたけれども、目に見えないところ、誰がやったのか分からないような状況で、後になって何かが壊れている、汚れている、無くなっている、という事が分かる、ということは団体生活の中では沢山起きます。
また、学生がしてしまった、あの人の当番だった、自分はあれほど言っていたのに、ということを周りのスタッフが意識に持ったり言動に表すことは、目に見えない心や人とのつながり、関わりの何かを壊してしまっているかもしれません。

物は多少高いものであっても、安いものでも、壊れたら修理する、また新しく買えばすむことです。でも、人との関わりや信頼関係、心のつながりはどうでしょうか。研修が始まって2週間、課題も一段落し、怖い先生も一時帰国する、という状況で、意識が崩れてしまいやすい時に起きたこと、ここで学びができたことは良かったと思います。

一同、気を引き締め、落ち込んで諦めてしまうのではなく、挽回するために精一杯今まで以上にがんばります、という言葉を学生から聞くことができました。

私は昨日から、早速ミシン修理屋をさがし、メールを4カ所ぐらいにしていますが、修理をした後、200Vに変更することが可能というミシン屋さんが一つだけあり、お返事頂いています。まだ、電気関係の担当に確認中とのことで最終のお返事まちです。なんとか修理できるところがあればいいのですが…、と思っていたところに、1軒だけ、やってみます、と言ってくださる所がありました。

修理はできても、200vへは変更できない、おそらくモーターから何から全部壊れているから直せない、といったお返事ばかりだったのですが、見てやってみます、と言ってくださるのはありがたいことです。どこかな?と見てみると、なんと、GHS福山の拠点から本当に近いところにあるお店でした。何かのご縁かもしれません。

とにかく、これからミシンをなんとか持ち帰ってみます。