2014年5月9日金曜日

課外実習 4月27日(日)

今週から、縫製課題製作の他に、自国に戻った時にすぐに役立ててもらえるように「セダナJAPAN実習」、報告・管理ができやすいように「パソコン演習」、また生活に役立つ微生物活性酵素「マイエンザ」などを実践で学ぶカリキュラムが始まりました。「マイエンザ」は、ヨーグルト、納豆、ドライイースト、砂糖という全て食品を発酵して作られたもので、安全でトイレの悪臭などの消臭効果や、流し場のヌメリや植物を元気にしたりと様々な面で快適な生活をもたらすと言われています。

マイエンザ実習
マイエンザ実習

カンボジアの地元の人々を対象に現地NGOと協働でできた「セダナJAPAN」。地元の方々の生活向上を目的に、日本の良品・便利品、心温まる手作り品などを紹介し、日本のおもてなしの心や笑顔、感謝の心が伝わるようなお店づくりをしています。
セダナJAPAN実習

飲食作り


そのお店に2日間出向き、清掃、挨拶、ディスプレイ、飲食作り、管理表などを実践体験しました。
呼び込みなど今までしたことがなかった彼女たちには衝撃だったようですが、
何事もチャレンジ!です。
思い切って、声を出しがんばっていました。

一方、パソコン演習も始まりました。
縫製計画を立てるため、また報告ができやすいように、
パソコンの表作成を学びます。
パソコン演習

ブラインドタッチで、「あいうえお」の入力からです。
しかし、彼女たちは覚えが早い。
次の日には前日に学んだほとんどを理解できています。

最終は自分たちの作品にタグをつけることができるように
学習予定が立てられています。

様子はこちらをどうぞ!

<Reported by TOMIKO>